NIKKANHOMES EXTERIOR


by nikkanexte

カテゴリ:エクステリア( 2 )

二階のベランダをウッドデッキにする時、気になるのがその強度です。特に柱。そもそもウッドデッキそのものが木部表しですから、月日と共に劣化し腐食してしまう可能性があります。まめに塗装などのメンテナンスをされる方ならいいのですが、どうもそういうのが苦手、というお客様には柱を「鉄骨の柱」にする、という方法もあります。
b0192396_16504127.jpg

木部の塗装をお客様がグレーを選定されたので、いっそうしっくりきました。
b0192396_1653824.jpg

外から直接上がれるように、階段も造りました。
b0192396_1655753.jpg

っと、そこから偶然見れた景色です。
[PR]
by nikkanexte | 2012-07-20 16:57 | エクステリア

20120622 様々な形

お客様が求める形は様々で、一口に「ウッドデッキ」、「ウッドフェンス」、と言ってもそこには様々な理由によって出来上がった形があります。お客様の価値観も様々で、また取り巻く環境も様々で、打ち合わせを重ねてやっと見えてくる理想の形、ということも多々あります。
先日ご紹介した「アールのあるウッドデッキ」も、お客様の希望はウッドデッキは欲しいけど、子供が土遊びをしたり、お花を育てたり出来る位の土スペースが欲しい、とのことでした。元々の敷地が変形した台形でしたので、試行錯誤の末あの形のプランにまとまりました。
b0192396_9353479.jpg

先日もちょっとしたウッドフェンスをやったのですが、そのお客様も独特の理想の形がありまして、正面の窓から向かって正面は解放したいけど、斜めの角度からは見せたくない、とのことでした。ようするに窓から向って正面は専用通路で、斜めの角度は大通りなので、大通りからの目線だけをシャットアウトしたい、ということです。打ち合わせを重ねて仕上がったのが、
b0192396_9174711.jpg
です。
デザイン的にも機能的にも、お客様非常に喜んで戴けました。
つくずく思います。このような工事は、打ち合わせでお客様のなんとなくのイメージをどこまで汲取れるか、が非常に大切だと。
[PR]
by nikkanexte | 2012-06-22 09:40 | エクステリア